FC2ブログ

百年の碑

2009.10.31.23:18


石岡一高の校庭の一角に、明治45年「記念農園」の碑があります。

その裏側には、寄付者の名前が記されています。

濱平右衛門・青柳新兵衛・平井栄之助・冷水彦太郎など、当時の豪商の名が連っています。

明治45年といえば、石岡が県内第2の商都として、大いに輝いていた時期です。

地域の最高教育機関を大きく飛躍させ、優れた人材を輩出させようと、地域ぐるみで教育に力を入れました。

土地やお金を寄付し、石岡農学校の教育環境を高めました。

さて、その石岡一高は11月20日に創立百周年を迎えます。

スポンサーサイト



木の香り

2009.10.30.23:35


ちょっと前のことです。

今年の夏、義兄の離れ家が完成しました。

杉の板張りの家で、木の香りがプンプンします。

座っているだけで、心が落ち着きました。

窓の外には、筑波山と山ろくの里山が広がっています。

それを見ながら、身内だけで完成祝いをしました。

写真は、そのときの1シーンです。

ぜひ、お立ち寄りください。

ありがとうございました

2009.10.27.08:15

イメージ 1

残念ながら、皆様のご期待にそえる結果にはなりませんでした。

自分の至らなさがこの結果を招いたと痛感しています。

投票結果が発表されても、1時間以上も100人以上の応援してくれた方々が帰らないで無念をかみしめていました。

普通ではあり得ない光景だと、選挙を良く知る人が驚いていました。

応援してくれた方々の思いが、大きな光明でした。

この一灯を心の中で灯し続けたいと思っています。

応援、ありがとうございました。

石岡を変える!

2009.10.17.22:06


多くのボランティアの力を借りて、出陣式の舞台が出来あがりました。

一人では何も出来ないことを痛感します。

人と人とが力を合わせてこそ、物事が前へと進みます。

新しい時代は、共に創るまちを待っています。

また、お会いしましょう。

平沢館衙の夢

2009.10.17.01:26


つくば市の平沢官衙は、石岡市のお手本のような史跡です。

県営住宅の予定地に郡衙が見つかり、史跡の保存活用へと転換しました。

もちろん、関係者の苦労は並大抵のものではありませんでした。

功労者の一人で元筑波町長の井坂敦実さんの案内で、5年前に平沢官衙を見たことがあります。

府中病院の今は亡き小林二郎先生たちといっしょでした。

見学者の脳裏には、石岡市の未来が映っていたに違いありません。

年の差なんて

2009.10.16.06:33


柔術をやってて良かったことは、年齢に関係なく人と接することができること。

若い友達がいっぱいいて、その感覚が吸収できる点にあります。

東北大の柔道部出身者や筑波大大学院のスポーツ研究者、現役の大学生、筑波のロボットや人工衛星の開発者、医療関係者などなど、あらゆる職種と分野にまたがっています。

その人たちと、日々汗をかいてきました。

写真は、8月に東京都内で行われた試合出場メンバーとのもので、ここから優勝・準優勝者が出ました。

この中では、もちろん私が一番年上です。

柔術の効用

2009.10.15.05:43


柔術を始めて5年になります。

柔術は格闘技の基本であり、総合格闘技など多くの格闘家がこれを学んでいます。

その総帥が、出陣式に来てくれることになりました。

総帥の奥様は「上を向いて歩こう」坂本九ちゃんの長女・大島花子さんで、ご夫妻で来てくれます。

もう一人のゲストは、アニマル浜口さんで、「気合いだ!」10連発をぶちかまします。

格闘技が縁で、私にすごいエネルギーを注入してくれます。

石岡に新しい風を起こす今泉文彦の出陣式を、ぜひご注目ください。

我が家のネコ

2009.10.14.00:52


ネコといえば、わが家には5匹のネコがいます。

そのうち4匹が捨てネコでした。

写真は最近拾ったオスネコで、ホタルという名前です。

毎日、運動会のように、家の中を暴れ回っています。

イヌのまち・ネコの里

2009.10.12.22:55


石岡の市街を歩くと、犬の多さに気がつきます。

一方、八郷地区では屋敷まわりにがネコが目立ちます。

住宅地では番犬として、農村部では捨てネコなどを飼うケースが増えているようです。

本日訪れたSさんのお宅にいたワンちゃんは、愛くるしい顔で私を見つめていました。

ケヤキの伝言

2009.10.12.06:33


ニュータウンを歩いているうちに、ケヤキ並木に目が止まりました。

枝葉が四方に伸び、家の樋や電線に掛かっています。

おまけに台風の後で、枯れ葉や枝が歩道に散乱していました。

緑の環境は大切ですが、管理は悩ましいようです。

「入居した当時は良かったんですが、ケヤキがこんなに大きくなるとは……」

街であった住人の一人が、そうつぶやきました。

市民と行政による恊働のまちづくり。進めていかなければなりません。

プロフィール

Great gengorou

Author:Great gengorou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR