スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気仙沼を訪ねて(その3)

2011.08.04.06:56

水山養殖場をあとにして、再び気仙沼市内に入りました。
驚くべき光景が延々と続きます。
その一つ、魚町の酒屋さんは3階建ての看板建築でしたが、ご覧のとおり3階部分だけが残されていました。
男山の3階

港周辺は跡形もなく、数年前にここで撮った漁港の繁栄ぶりが夢のようです。
気仙沼にて

帰路は、仙台に寄り仙台空港周辺を見てから高速に乗ることにしました。
気ままに出発した旅ですが、重い空気がのしかかっています。
空港周辺は平坦な地形で、じわじわと津波に襲われ一面が泥沼と化した地域です。
リアスの入り江は、津波にドーンと突進され圧倒的な引き潮の力で破壊されました。
こちら、海岸沿いの平坦地は、海水に包み込まれ侵略された感じで廃墟となっていました。
そこで見た、ガソリンスタンドです。
破壊されたガソリンスタンド

消防の点検が行われていました。
住宅地の庭には、高校の卒業アルバムが落ちていました。
放置された卒業アルバム

すぐ脇にはクリアファイルに料理のレシピが見えます。
大事な写真が放置されているということは、この家の人は津波の犠牲になったのかもしれません。
小さなシーンからも、災害の大きさが読み取れます。
犠牲になった方の冥福を祈るとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
(了)
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.08.04.13:11

   今泉星くずさんへ                              気仙沼の大型船が陸に上がっている写真は圧巻です。ノアの方舟を想像してしまいました。 数年前の写真と震災後の比較を同時場所で撮影して下さると尚よくわかるのですが。 被災から約5ヶ月後地元の方やボランテァの人自衛隊や市職員と多くの人々によって大分復旧とのことですが星屑さんの見た、感じたように空気中のごみや粉塵、風に乗って爽やかならぬ匂いは行って初めて五感に・・・・です。畠山重篤さんの石岡での講演会を聞きに行った一人ですがあれ以来山や海に関心をもつようになりました。12月末に生牡蠣とホタテ貝を送ってくれる文通友達が居ますが「ああこれも漁師さん達の山に広葉樹を植樹してくれるお陰だな」と感謝しています。私も被災地へ限りある支援金の他、長いスパンで役に立とうとエコバックを協力してくれる娘と共有時間を持ちながら作っています。いろいろな柄、色を組み合わせ少しでも心をがごむような愛のこもった買い物バック・第1弾は所属する会に合わせて100枚送ること出来ました。これからも続けてゆきたいです。星屑さん新情報待っていますよ!

Re: No title

2011.08.04.13:34

総社大小町さんへ
コメントありがとうございます。
津波に襲われガレキの帯が延々500㎞続く、それが東日本の東岸です。
このレポートはその一部を見たものですが、被災地への支援の一助になればと思っています。
テレビや新聞などで見られないシーンが届けられればと思って,ブログを書きました。
プロフィール

Great gengorou

Author:Great gengorou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。