スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good-Bye朝日屋

2011.08.21.17:23

十年ほど前、「茨城のラーメン」という本の表紙を飾ったのが、石岡市金丸町にある朝日屋のラーメンでした。
味はどちらかと言えば淡白で、典型的な中華そば・支那そばタイプ、ベーシックなラーメンでした。
ご主人は、東京立川で修行をし、昭和34年に帰ってきてラーメン屋を始めました。
それまでは肉屋で、昭和のはじめに創業した父親とバトンタッチをしました。
ワラジのように大きいコロッケが肉屋・朝日屋の評判の商品でした。
朝日屋開店
ラーメン屋・朝日屋をスタートさせたご主人は、同じように特徴のあるメニューを提供しようと考えました。
「肉屋だったので、肉の味を生かした麺類を心がけました」とご主人。
「精肉の道具が揃っていたので、出来たんだよ」と控え目です。
ご主人は枝肉からラードを取り、チャーシューを作り、スープを仕込みました。
さすが肉屋のラーメンだと、その味が評判になりました。
朝日屋店内
「最も繁盛したのは、昭和40年代だったかな。忙しかった!」
回想するご主人によれば、精工舎の社員とパチンコのお客さんが多かったといいます。
「近くに緑会館や石岡会館、センター、リボンといったパチンコ店があったから、特に雨っぷりの日は多かった」
ここ10年は、ネットを見て遠くから来るお客さんも増えていました。
3年前からは、奥さんが体調を崩し、ご主人が一人でお店を開いていました。
しかし、一人では限界もあり、近所の火事や大震災をきっかけに営業を終えることを決心しました。
「最後の3年は、一人でよくやったと思いますよ」とは、復調した奥さんの実感のこもった言葉です。
「こうして、この6月まで四十数年やって来られたのも、お店に来てくれた皆さんのおかげです。本当に感謝申し上げたい気持ちです。ありがとうございました」
ご夫婦そろって、感謝の言葉を述べていました。
朝日屋のたどった足跡は、石岡中心街の歴史のヒトコマでもありました。
スポンサーサイト

comment

Secret

おつかれさまでした。

2011.08.24.11:43

一番大好きなラーメン屋でした。

“朝日屋”のほっとする味のラーメンを

何年も食べてなかったので

最後に食べられなかったのが残念。

とにかく、いままで有難うございました。

そして、おつかれさまでした!!

あのラーメンより美味しいラーメンは

もう出会えないだろうな…

ありがとうございます

2011.08.24.13:14

最大の賛辞ですね。
朝日屋のおじさんに伝えます。
プロフィール

Great gengorou

Author:Great gengorou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。