FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいうんどうかい

2011.10.08.22:34

善隣幼稚園の秋の大運動会が、本日8日に開かれました。
勤労青少年ホームの体育館を舞台にしての開催でしたが、会場はほぼ満員の大盛況。このところ少子化の時代を反映してか、一人の園児に両親とおじいちゃんおばあちゃんが一緒で、人数は3、4倍になる傾向にあります。
今回は来賓が10人を超え、その中には民主党の衆議院議員・大泉ひろ子さんが急きょ駈けつけて園児を激励してくれました。
園長あいさつ

大泉ひろ子さんは、自らのホームページに自筆の文章を綴っています。率直な文体で緻密な表現をするので、ご本人の文章であることがすぐ分かります。国会議員の中でも、このような格調のある文章を書く人は決して多くないと思います。
以下は、大泉さんのHPからの引用です。
「日本は、いかなる国家、いかなる社会をめざしているのでしょうか……。21世紀はイノベーション国家を目指していると認識されます。……。
 かくして、新たな豊かさを求め、地域社会の機能を守り、さらに、医療と教育の機会平等を貫き、決して人口が減らない社会を私は目標とします」これが長い間、考え続けた地域の姿だと大泉さんは言います。
 人口減少が続く地方は、医療と教育の課題が増大しています。「地域社会の機能を守り、医療と教育の機会平等を貫く」というフレーズには、大きく心を揺さぶられます。
 ともあれ、多忙な大泉さんは1時間ほど子供たちの演技に声援を送り、会場を後にしました。
 運動会で一番印象に残ったことは、親子競技をしている時の子供たちの弾けるばかりのうれしそうな顔でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Great gengorou

Author:Great gengorou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。