スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域を耕す会第11回

2014.03.22.22:33

「3月末に水戸で地域を耕す会を行います。日程を開けておいてくださいね」
日本広報協会の渡辺さんから電話がありました。地域を耕す会とは、よりよいふるさとづくりを志す全国の自治体広報マン・ウーマンが集う研鑽と交流の場です。20数年前から、渡辺さんと埼玉県蓮田市の小川さん、私の3人が幹事となって開催してきました。
久しぶりの会で、参加者が少ないのではと心配しましたが、会場には青森から沖縄までの精鋭20名が集結しました。
茨城県からは鉾田の郡司さんと大場さん、行方の久保さんが懐かしい顔を見せてくれました。
参加者の多くは広報紙づくりの実力者たちで、全国広報コンクール特選の実績を持つメンバーも混じっています。
青森県鶴田町の秋庭さんが一冊の本を差し出しました。
「私の尊敬する先輩の本、今泉さんへプレゼントです」
題名は「役人すれすれ日記」、青森県蟹田町で広報を担当した佐藤公之さんが綴った作品集です。
長野県安曇野市の北条さんからは「荻原の昔と今を再発見」という400ページに及ぶ大冊もいただきました。
郷土学習のバイブルとして活用できる力作でした。
福島県須賀川市の山崎さんの熱弁は、相変わらず健在でした。
「首長は、地域を誰よりも愛する人でなければならない。そして、会った人がファンになるほどの魅力を持っていることが求められています」熱い思いが言葉に込められています。
群馬県大泉町の小川さんは娘さんを連れての参加で、可愛いシンガーから励ましの歌声をいただきました。
会合の途中、長崎市から電話が入りました。
広報マンだった長崎市長の田上富久さんからです。
「広報経験者の市長仲間が増えて、たいへん嬉しいです」と田上さんは明るい声です。
今度、全国市長会でお会いしましょうと約束して、電話を切ると、渡辺さんから長崎市長のメッセージが披露されました。
「石岡ふるさと再生プロジェクトの整理の仕方には、広報経験者らしい“伝え上手”さを感じ、さすがだと思いました。ぜひ石岡をもっともっと素晴らしいまちに進化させてください。そのプロジェクトが、いくつもの山や谷を越えてしっかりと前進し、今泉市長の目指すまちづくりが実現することを願っています。
ところで、私は広報担当の仕事にはあまり口出ししないように気を付けていますが、時々アドバイスという名の説教をしてしまうことがあります。広報担当者にとっては煙たい存在だと思います。お互い気をつけましょう(笑)。
……広報紙の表情が自治体ごとに違うように、まちの個性は一つ一つ違います。石岡の個性を、長崎の個性を、精いっぱい伸ばしていきましょう。そして、日本を地方から進化させていきましょう。
日本の最西端、長崎より、心からのエールを送ります」
広報を通じてのネットワーク、本当にありがたいものです。
会合は宴席に移り、広報談義はますますヒートアップしました。
地域耕す1
地域耕す2
地域耕す3
地域耕す4

青森・福島・茨城・埼玉・群馬・千葉・神奈川・長野・静岡・三重・長崎・沖縄と、全国各地から地域を耕す話題が満載のひとときでした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Great gengorou

Author:Great gengorou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。